サービス

導入事例

マルチ言語スキルとシステム開発スキルを活用した実例をご紹介します。

導入事例一覧

「第5回世界のうちなーんちゅ大会」 HP制作とマルチコンタクトセンター

沖縄県主催の「第5回 世界のウチナーンチュ大会」にて、大会公式ホームページの制作・運用やFacebookの
ファンページ立ち上げ、多言語コンシェルジュセンターの運営を担当し、大会の集客に貢献する事ができました。
多言語コンシェルジュセンターでは大会への参加方法やイベントの内容など、大会に関する問合せの電話対応を行い、大会会場では通訳も実施しました。
ホームページ・コンシェルジュセンターすべてにおいて日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語の4言語で
対応しています。

さらに、大会事務局の方や関連各社が通訳・翻訳時参照できる用語辞典として、4言語データベースの
用語管理Webを構築しました。
閲覧および登録・編集も可能とし、弊社メンバーや事務局の方で用語の管理を容易に行うことができました。

うちなーんちゅ大会実績うちなーんちゅ大会実績

会員向けカスタマセンター

会員向けカスタマセンターでは、お客様からの電話・メールへの対応はもちろんのこと、
会員登録データの電子化や入力も行っています。

会員登録の業務に付随して発生する、アウトバウンドやハガキ郵送も含めて総合的にサポートすることで、
お客様のより的確な情報を提供して利便性の向上を図ります。

MMK(マルチメディアキオスク)からのマルチコンタクトセンター

店舗に設置されているMMKからの問い合わせに日本語・英語・中国語・スペイン語・ポルトガル語の5言語で対応し、
外国人の方を含む日本全国のお客様の問題の解決に、24時間365日取り組んでいます。

高齢者の方向けのサポートサービスとして、端末のリモート操作もおこない、きめ細かいコンシェルジュサービスを
行っています。

また、マルチコンタクトセンター業務の見える化、効率化のために独自の管理用Webサイトを開発・運営しています。
こちらはコンタクトセンターでの受付内容の報告や情報共有、ドキュメントの管理などを行うツールで、必要な時に
必要な人が情報の閲覧・管理を行うことができます。

マルチメディアキオスク

電子マネー決済端末のヘルプデスク

店舗で使用するシステム端末およびソフトウェアのサポートを24時間365日行っています。
操作方法やトラブル解決方法を案内いたします。

ヘルプデスクでの対応とあわせて、ユーザー向けサポートWEBサイトの構築・運用や
故障端末の修理状況、障害発生時の調査状況をトレースするWebアプリケーションも開発しています。

また、BPOサービスとして初期設置時に必要な設定カードの作成と送付も行っています。

ワンストップで総合的にサポートすることで、全体的なプロセスを把握し、より的確で親身なお客様対応の
実現を図ります。

電子マネー決済端末のヘルプデスク